敷金を節約するお掃除のコツ

引越しが決まったら、今住んでいる家の掃除をしなければなりません。
特に賃貸の場合は汚れ具合に応じて敷金から清掃費用を差し引かれてしまいます。
支払うお金を最小化するための、清掃のコツを紹介します。
まず借主の責任範囲を知りましょう。
普通に生活していて経時変化で汚れたり傷んだりした場合、その修復は大家の責任となります。
つまり常識的に生活・掃除していれば、敷金は全額返還されるべきなのです。
しかしどこまでが大家の責任なのか線引きが難しく、大家が勝手に決めてしまうのが実態となっています。
ですから少しでも印象がよくなるように掃除すれば、敷金が多く返還される可能性が高まります。
壁紙の自然変色や家具の有無で起こる色の差、畳の色あせ、フローリングのツヤムラなど、普通に生活して起こる現象は大家の責任です。
この部分は、大家が次の貸出のために業者をつかって張り替えたり清掃しますから、借主が頑張って掃除してもあまり意味がありません。
軽く掃除すれば十分です。
それよりも業者が手を付けない部分を重点的に掃除しましょう。
やはり水回りがキレイですと印象が良いので、キッチンの汚れと臭い、トイレの黄ばみ、バスルームのカビや黒ずみ、などはキレイに掃除します。
また時間があれば玄関やベランダをキレイに掃除すると、印象がグッと良くなります。
また良かれと思って使わない電化製品や家具を置いていく方がいますが、逆効果です。
大家にとってはいい迷惑ですので、借りた時と同じ状態に戻すようにしてください。
このようにちょっと気をつければお金の節約になります。
マトを絞って効率的に掃除しましょう。