引っ越しが決まったらやらなければならないこと

引越しが決まったらやらなければならない手続きが多くあります。
賃貸マンションの場合は、まずは管理会社化大家さんに電話をして家賃の確認をしなくてはなりません。
家賃の最終は、移動日によりますが日割りで計算するのが一般的ではないでしょうか。
そして、敷金の返還を確認しておきましょう。
最近では敷引きは無くなりましたが、ただ古い契約ではまだそれが有るかもしれません。
そして郵便局や新聞、NHKのは転居する旨伝えておきましょう。
特に郵便局では、転居した当初は旧住所で郵便物が来る可能性があるので、転居する1週間くらい前までに完了しておくと良いです。
そして電話の移設や電力会社に転居する日を連絡しておきましょう。
電力会社が同じ場合は一本の電話で済みますが、異なる電力会社なら新しい転居先の電力会社にも連絡が必要です。
ガスや水道は新しい入居先で立ち合いが必要になります。
あらかじめ、予定を組んでおくとあわてないでスムースに事が運びます。
そして市町村に転出証明書を貰って、銀行やクレジット会社に連絡して住所変更をしなくてはなりません。
子供がいるならば、新しい学校に連絡をしておく必要があります。
ここまで見ていくと引越しをするより何十倍もエネルギーが必要です。
しかし、これをやっておかないと不足に事態に陥ります。
転居したが、しばらくガスが使えなかった。
水道が2~3日遅れてしまうと言うようなことにもなりかねません。
引越しが決まったらすぐに準備にかかりましょう。