安上がりな自力引越しにチャレンジしてみよう

搬送する荷物に大物の家具や電化製品がなく、新居が近いのであれば自力引越しを検討してはいかがでしょうか。
業者へ依頼するよりは、確実に費用を節約できます。
最初に必要な道具を準備しましょう。
ダンボール箱、ガムテープ、エアキャップ、マジック、カッターは最低限必要です。
全てホームセンターで購入できますが、ダンボール箱はスーパーやドラッグストアでお願いすると無料でもらえますので、交渉してみると良いでしょう。
ダンボール箱に入る荷物は全て箱詰めします。
中に入っているモノがわかるように、マジックで記入しておきましょう。
新居で衣装ケースを購入しようと考えている場合は、先に購入して衣服を詰めて運べば効率的ですし、ゴミを減らすことができます。
ダンボール箱が少ない場合は、大きめのゴミ袋を代用しましょう。
衣類はゴミ袋に入れれば、意外と簡単に運ぶことができます。
家具や電化製品は、エアキャップで梱包します。
汚れが付着せず、傷の防止効果が高いのでおすすめです。
搬送には自家用車を使用しても良いですが、乗用車タイプですと思ったほど荷物を積むことができません。
できればレンタカーを借りましょう。
営業用の軽ワンボックスで十分です。
価格が安いですし、ビックリするくらい荷物を積めます。
また滑り止め付き軍手を用意すると、荷物運びが楽ですし、怪我の予防にもなります。
このように事前準備が必要ですし荷物の搬送で疲れますが、とても格安で引越しすることができます。
体力に自信のある方は、試してみてはいかがでしょうか。